世界選手権 IVF VA'A World Distance Championships Australia 2019 ご報告!



IVF VA'A World Distance Championships Australia 2019 に参戦した12人のパドラーが無事に帰国しました。
今回は3名の高校生パドラーの挑戦があったことから、広くクラウドファンディングでこの挑戦を支援して頂きました!
支援、応援して頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

選手たちはこの経験を、今後の日本のアウトリガーカヌーの発展に必ず生かしてくれると確信しています!!

V1 Open Women


V1 Open Men


V6 Open Women


V6 Open Men


今回4つのカテゴリーに挑戦し、全てのカテゴリーで無事完走 → ゴールすることができました。
帰国して間もない中、SOCCで育った3名の高校生パドラーが世界の舞台を経験し、そこで感じたそれぞれの思いや今後の目標などを報告してくれましたので、ここで紹介させて頂きます。

以下

https://camp-fire.jp/projects/178469/activities#menu
より

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

支援者の皆様、

多方面からのご支援と応援、本当にありがとうございます。世界選手権を終えて、選手たちはそれぞれの日常生活に戻っています。高校生パドラー達が世界の舞台を経験し、そこで感じた事などを文章でシェアしてくれました。最後までお読み頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

曽和 仁  日本代表総監督



永井柚井 18歳(写真中央):

この度はクラウドファンティングに寄付をしていただき、ありがとうございました。私たちユースはずっと海外のレースに出場することを夢見て、日々練習をしてきました。

今回のIVFへの出場は、まさに私たちが目標にしていたことです。しかし、実際IVFの日本代表に選ばれたとき、私は夢が叶ったとは思いませんでした。

もちろん憧れの舞台に立てるというのは嬉しいことです。しかし、素直に喜べなかったのは、私は日本代表になるなら、十分に実力が伴ってから出場したいと思っていたからです。また、今の自分に世界に挑むほどの実力があるとは思えませんでした。とはいえこんなチャンスは二度とないと思い出場を決め、せめて残りの大会までの期間全力で練習に取り組むつもりでいましたが、受験勉強をやめるわけにもいかず、自分はものすごく中途半端なことをしているのではないか、本当に自分が世界大会に出場してもよいのだろうかと、大会前日までずっと不安でした。自分の漕ぎの不出来が歯がゆく、とても悔しく思いました。

しかし、実際に大会に出場して感じたのは、もっと違ったことでした。私は世界の舞台でカヌーを漕いで、世界の遠さを身を持って体感しました。

世界のパドルをこの目で見て、その力強く美しい漕ぎを肌で感じました。それは、大会に出場しなければできなかったことです。また、大会に出場していた19歳以下のカテゴリーの選手の漕ぎや屈強な身体を目の当たりにして、タヒチなどの強豪国と日本が渡り合えるようになるためには、やはりどうしても19歳以下のアウトリガーカヌーの発展が不可欠であると実感しました。

そして、そのためにはどうしたらいいのか考えるようになりました。改めて、今回の経験は必要なものだったと感じます。私は学びたいことがあるため、大学は文学部に進学するつもりです。ですが今回の大会を通して、今後の日本のアウトリガーカヌーの発展に尽力したいと思ったのも事実です。

まずは今回の私たちの経験が、多くのキッズパドラーの希望になれば幸いです。大会に出場できて本当に良かったと思います。ご協力ありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

八島海渡 17歳(写真右):

日本チームへの沢山の支援や応援、本当にありがとうございます!

僕は小学二年生の頃から海に関わり始めて来てまさか自分が世界の舞台に立つとは想像さえしていなかったのが、皆様の沢山の支援によって世界大会への夢が叶って本当に嬉しかったです。

初めて海外へ行って、英語を話せるようになりたい、もっとトレーニングをしないといけない、もっと体を使って漕ぐ、他にも沢山の事を感じました。

レース本番日には、岩田コーチと小さい頃の話で盛り上がったり、レースが始まると向かい風で中々進まずうねりも入ってきて辛かったり、追い風のうねりによって波乗りしたりクジラを見ることも出来ました。

全てが良い刺激になり良い体験になりました。

これも全て、支援や応援をしてくださった皆様のおかげです。

ほんとにありがとうございます。

これからは、ジュニアの子達が世界へ行きたいと思えるような環境を作れるように引っ張って行けるように、更なる努力をしたいです。

自分の目標として、また世界大会へ行きたいのと小林コーチを5年以内に抜かせるようになりたいです!

海を渡ってきた乗り物、アウトリガーカヌー。自分の名前と同じ、出会えた事に、この名前に、感謝しかないです。

本当に、沢山の支援や応援ありがとうございました。

そしてこれからも応援お願いします。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

バワリング・カイ 16歳(写真左):

My name is Kai Bowering, I was the youngest member of the team at age 16.

I had started paddling when I was 10 and I am grateful for the opportunity to go to the world championships within six years.

Before going to Australia for the IVF tournament I used to think about canoeing as a sport I participated on the weekends in Enoshima, but the trip to Australia expanded my view on the sport.

Seeing many other paddlers and people from across the world compete against each other while enjoying it made me want to become immersed in that environment again.

Especially the under 19 members race. I wouldn’t have been able to go to this trip without the help of everybody, and I plan on using this experience to help the future of Japan’s Outrigger Canoe Community.

Thank you to everybody who helped this event and I’m looking forward to practice this upcoming season!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


最後に、各カテゴリーのリザルトです。




SOCC
湘南アウトリガーカヌークラブ
湘南アウトリガーカヌースクール