パドル・レクチャー#1


今年は新しい試みとして"イメージを揃えて漕ぐ"というテーマで、シーズン初めの時期の練習を行っています。
そこで先日、座学形式で第1回目のパドル・レクチャーを行いました。

まずは一番の基本となるパドルの持ち方、押手、引き手の位置から始まり、キャッチ、プル、プッシュについて懇切丁寧なレクチャー及び質疑応答を…。
小林コーチがハワイで一緒に練習してきたシェル・バァ・チームの見事に揃った漕ぎでイメージを膨らませ、実際に海に出て漕ぐという練習を繰り返しています。
片瀬川にあるスロープを利用して、クルーを入れ替えてコーチの前を通過しながら、チェックしてもらいます。同時に、他の人の漕ぎを見たり、キャッチの練習をしたり、と漕ぐ距離は短いながらも集中度の高い練習内容。

この練習をしていると、西浦に戻る頃にはパドルが揃ってくるようになります。
当然、カヌーも以前に比べて走るようになるので、漕ぐのがまた楽しくなる…という好循環が。
桜の花の下をキャッチを揃えて漕ぐ日も、すぐにやって来そうです。

comments

   

trackback


SOCC
湘南アウトリガーカヌークラブ
湘南アウトリガーカヌースクール